自分の知り合いには喪中のはがきを出しましたが、父の知り合いは住所がわからなかったので、喪中の案内を送らなかったところ、案の定、父宛てに年賀状が送られてきました。

従って、年明けの松の内が過ぎるタイミングで、寒中見舞いを出して、父の死亡を伝えました。

寒中見舞いは、喪中のはがきとは異なり、普通の官製はがきで出しました。

文面は、以下の通りです。

寒中お見舞い申し上げます。

ご丁寧なお年始状をいただき ありがとうございました

父〇〇は 昨年〇月〇日に永眠いたしました

ご連絡が遅れましたことを深くお詫び申し上げます

父が生前に賜りましたご厚誼に深く感謝申し上げますとともに
皆さまの一層のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

平成〇年〇月

この内容を縦書き、句読点なしで記載して送りました。